アラスカ・オーロラ夢紀行

アラスカ・オーロラ夢紀行

写真家の松本紀生さんのフォトライブのチケットをいただいたので大手町の日経ホールに行って来ました。実はこの方のことは全く知らなかったのですが、松本さんが写真家になるきっかけとなったという故星野道夫さんのことは知っていました。
アラスカオーロラ

アラスカオーロラ2

マイナス40度にもなるアラスカにセスナをチャーターして行き、自然のまま、全く人間の手が入っていない未開の土地で、強風でテントも飛ばされてしまうので、かまくらを5日間かけて一人で作ってそこで3カ月くらい生活しながら撮影するのだそうです。人との会話もなく、50冊くらい本を持っていくのだそうですが、それもすぐに読み終わってしまうくらい時間がある生活。今の私たちの生活からは想像もできません。画像をご紹介することはできませんが、20年撮影してたった2回しか出会えなかったという赤いオーロラの写真も見ることができました。

雪のない夏のくまの親子の様子やクジラの動画も見ることができ、最近「自然」から離れていたので新鮮なひとときでした。
関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索